会議録区分 定例会  会議録名称 秋田市議会 平成14年 6月定例会会議録 第1日 
会議日 平成14年6月12日 水曜日 
発言内容
◎表紙



                平成14年6月


          秋田市議会定例会会議録


               平成14年6月12日開会
               平成14年6月28日閉会





















                   秋田市議会

◎目次
               目         次

○6月12日(水曜日)
 ○議事日程(第1号)
   ○会議に付した事件
   ○出 席 議 員
   ○欠 席 議 員
   ○地方自治法第121条による出席者
   ○事務局出席職員
   ○開     会
    ・議長の報告
    ・署名議員の指名
    ・会期の決定
    ・議 案 説 明
       議案第65号から議案第89号まで
    ・(議)第4号及び(議)第5号
    ・休 会 の 件
    ○散    会

○6月19日(水曜日)
 ○議事日程(第2号)
   ○会議に付した事件
   ○出 席 議 員
   ○欠 席 議 員
   ○地方自治法第121条による出席者
   ○事務局出席職員
   ○開     議
    ・議長の報告
    ・一 般 質 問
       佐々木 幸 雄 議員
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       相 原 政 志 議員
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       猪 股 竹 作 議員
    ・散 会 の 件
   ○散     会

○6月20日(木曜日)
 ○議事日程(第3号)
   ○会議に付した事件
   ○出 席 議 員
   ○欠 席 議 員
   ○地方自治法第121条による出席者
   ○事務局出席職員
   ○開     議
    ・一 般 質 問
       小 林 一 夫 議員
       明 石   叡 議員
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       明 石   叡 議員(続)
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       田 口   聡 議員
    ・散 会 の 件
   ○散     会

○6月21日(金曜日)
 ○議事日程(第4号)
   ○会議に付した事件
   ○出 席 議 員
   ○欠 席 議 員
   ○地方自治法第121条による出席者
   ○事務局出席職員
   ○開     議
    ・一 般 質 問
       佐 原 孝 夫 議員
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       加賀谷 正 美 議員
   ○休     憩
   ○開     議
    ・一 般 質 問(続)
       長谷川 昭 一 議員
    ・議案に対する質疑
       議案第65号から議案第69号まで
       議案第70号
   ○休     憩
   ○開     議
    ・議案に対する質疑(続)
       議案第71号から議案第89号まで
    ・議案の付託
    ・陳情取り下げ承認の件
    ・陳情の付託
    ・休 会 の 件
   ○散     会

○6月28日(金曜日)
 ○議事日程(第5号)
   ○会議に付した事件
   ○出 席 議 員
   ○欠 席 議 員
   ○地方自治法第121条による出席者
   ○事務局出席職員
   ○開     議
    ・議長の報告
    ・委員長報告(議案第65号から陳情第75号まで)
      総務委員長報告
      厚生委員長報告
      教育産業委員長報告
      建設委員長報告
    ・委員長報告に対する質疑
    ・討     論
    ・採     決
    ・閉会中審査の件
    ・(議)第6号から(議)第8号まで
    ・(議)第9号
    ・秋田市農業委員会委員推薦の件
    ・議員派遣の件
    ・同意第3号及び諮問第1号
    ・市長のあいさつ
    ・議長のあいさつ
   ○閉     会











◎日区切り

平成14年6月12日(水曜日)






















第 3 号 の 1














◎日区切り

平成14年6月19日(水曜日)






















第 3 号 の 2











◎日区切り

平成14年6月20日(木曜日)






















第 3 号 の 3











◎日区切り

平成14年6月21日(金曜日)






















第 3 号 の 4











◎日区切り

平成14年6月28日(金曜日)






















第 3 号 の 5












◎署名議員

      議    長   高   橋   智   徳



      副議長   渡   辺   一   男



      議    員   塚   田       勇



      議    員   淡   路   定   明



      議    員   相   場   金   二

平成14年6月12日(水曜日)
◎議事日程
      ――――――――――――――――――――

 議事日程第1号

   平成14年6月12日(水曜日)午前10時開議

第1 署名議員の指名
第2 会期決定の件
第3 議案第65号 秋田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する件
第4 議案第66号 チャレンジオフィスあきた条例を設定する件
第5 議案第67号 秋田市都市環境の創造および保全に関する基本条例を設定する件
第6 議案第68号 秋田市都市景観条例を設定する件
第7 議案第69号 秋田市都市緑化の推進に関する条例を設定する件
第8 議案第70号 秋田市宅地開発に関する条例を設定する件
第9 議案第71号 秋田市屋外広告物条例の一部を改正する件
第10 議案第72号 秋田市市税条例の一部を改正する専決処分について承認を求める件
第11 議案第73号 平成13年度秋田市一般会計補正予算(第7号)に関する専決処分について承認を求める件
第12 議案第74号 平成13年度秋田市土地区画整理会計補正予算(第4号)に関する専決処分について承認を求める件
第13 議案第75号 平成13年度秋田市下水道会計補正予算(第3号)に関する専決処分について承認を求める件
第14 議案第76号 附帯控訴を提起する件
第15 議案第77号 住居表示の実施区域および当該区域における住居表示の方法を定める件
第16 議案第78号 町および字の区域ならびにその名称を変更する件
第17 議案第79号 市道路線を廃止する件
第18 議案第80号 市道路線を認定する件
第19 議案第81号 秋田市旧ガス局庁舎大規模改修電気設備工事請負契約を締結する件
第20 議案第82号 秋田市旧ガス局庁舎大規模改修機械設備工事請負契約を締結する件
第21 議案第83号 大森山動物園「大型ネコ科展示舎」(仮称)整備工事請負契約を締結する件
第22 議案第84号 市道川尻広面線緊急地方道路整備事業電線共同溝整備工事請負契約を締結する件
第23 議案第85号 緊急地方道路整備事業市道飯島金足線道路改良工事(下新城工区)請負契約を締結する件
第24 議案第86号 秋田市立中通小学校管理棟南側大規模改造工事請負契約を締結する件
第25 議案第87号 平成14年度秋田市一般会計補正予算(第1号)の件
第26 議案第88号 平成14年度秋田市土地区画整理会計補正予算(第1号)の件
第27 議案第89号 平成14年度秋田市老人保健医療事業会計補正予算(第1号)の件
第28 (議)第4号 秋田市議会会議規則の一部を改正する件
第29 (議)第5号 秋田市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する件

      ――――――――――――――――――――
◎付議事件
 本日の会議に付した事件

   議事日程に同じ

      ――――――――――――――――――――
◎出席議員
 出 席 議 員 (44名)

     1番   加賀屋  千鶴子    2番   明 石    叡
     3番   成 沢  淳 子    4番   小 林  一 夫
     5番   花 田  清 美    6番   武 藤  真 作
     7番   菅 原  弘 夫    8番   小木田  喜美雄
     9番   佐々木  幸 雄    10番   佐々木  勇 進
     11番   猪 股  竹 作    12番   藤 田  正 義
     13番   田 口    聡    14番   塚 田    勇
     15番   淡 路  定 明    16番   相 場  金 二
     17番   三 浦  芳 博    18番   加賀谷  正 美
     19番   佐々木  晃 二    20番   柏 谷  幸 彦
     21番   米 山  七 郎    22番   鈴 木  忠 夫
     23番   宇佐美  洋二朗    24番   瀬田川  栄 一
     25番   芦 田  晃 敏    26番   渡 辺  良 雄
     27番   安 井  貞 三    28番   佐 原  孝 夫
     29番   荻 原    守    30番   長谷川  昭 一
     31番   小 西  謙 三    32番   鈴 木  嘉 重
     33番   前 田  喜 蔵    34番   新 岡    雅
     35番   近 江  喜 博    36番   保 坂  直 一
     37番   大 塚  隆 一    38番   相 原  政 志
     39番   菊 地  達 雄    40番   赤 坂  光 一
     41番   渡 辺  一 男    42番   高 橋  智 徳
     43番   鈴 木  孝 雄    44番   榎      清
                                          
      ――――――――――――――――――――

 欠 席 議 員 (なし)

      ――――――――――――――――――――
◎説明員
 地方自治法第121条による出席者

 市     長  佐 竹  敬 久    助     役  相 場  道 也
 助     役  松葉谷  温 子    収  入  役  保 坂  五 郎
 教  育  長  飯 塚    明    総 務 部 長  高 橋  健 一
 企画調整部長   畠 山    茂    財 政 部 長  大 山  幹 弥
 市民生活部長   平 山  武 志    福祉保健部長   藤 枝  禮 助
 保 健 所 長  佐々木  秀 平    環 境 部 長  我 妻  弘 思
 商 工 部 長  藤 本  六 男    農 林 部 長  赤 川  久 雄
 建 設 部 長  佐々木  敏 雄    下水道部長    佐 川  弘 道
 都市開発部長   楢 橋  康 英    美術工芸短期   佐 藤  英 實
                      大学事務局長
 水道事業管理者  諸 沢    進    交通事業管理者  伊 藤    高
 消  防  長  佐 藤  正 敏    監 査 委 員  小 野  靜 男
 病院事務局長   田 中  政 博    選挙管理委員会  佐々木    均
 農業委員会    中 川  謙 次    事 務 局 長
 事 務 局 長                                  
      ――――――――――――――――――――
◎事務局出席職員
 事務局出席職員

 事 務 局 長  菊 谷    明    同  次  長  富 岡  寿 夫
 議 事 課 長  内 山  幸 夫    議事課長補佐   堀 井    満
 調 査 係 長  宇佐美  隼 人
                                 外関係職員

      ――――――――――――――――――――

◎開会

 午前10時9分 開  会

○議長(高橋智徳) これより6月秋田市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。
      ――――――――――――――――――――
◎議長の報告
 議長の報告

○議長(高橋智徳) 議長の報告は朗読を省略いたします。
      ――――――――――――――――――――
◎署名議員の指名
 日程第1 署名議員の指名

○議長(高橋智徳) 日程第1署名議員の指名を行います。
 署名議員は会議規則第81条の規定により塚田勇さん、淡路定明さん、相場金二さんの3名を指名いたします。
      ――――――――――――――――――――
◎会期の決定
 日程第2 会期決定の件

○議長(高橋智徳) 日程第2会期決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から6月28日までの17日間といたしたいと思いますが、このことに御異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(高橋智徳) 御異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は本日から6月28日までの17日間と決定いたしました。
      ――――――――――――――――――――
◎市長説明
 日程第3 議案第65号 秋田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する件から

 日程第27 議案第89号 平成14年度秋田市老人保健医療事業会計補正予算(第1号)の件まで

○議長(高橋智徳) 日程第3議案第65号秋田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する件から日程第27議案第89号平成14年度秋田市老人保健医療事業会計補正予算(第1号)の件まで、以上の各案を一括議題といたします。
 説明を求めます。市長。
     【佐竹敬久市長 登壇】
○市長(佐竹敬久) 平成14年6月市議会定例会の開会に当たり、今議会提出の条例案、補正予算案等について概略を説明申し上げ、御審議をお願いいたします。
 提出案件の説明に入ります前に、市政を取り巻く当面の状況について御報告申し上げます。
 初めに、21世紀にふさわしい都市環境の創造と保全に向けたまちづくり制度体系の整備についてであります。
 これまで本市は、昭和48年に施行した公園都市秋田市をつくる条例に基づく自然環境の保全や都市景観の整備等の制度並びに秋田市宅地開発指導要綱等により、まちづくり関連施策を推進してまいりました。しかしながら、近年、中核市移行に伴うまちづくりに関する権限の委譲など、取り巻く状況が大きく変化するとともに、都市環境に対する市民ニーズが多様化し、自然環境の保全や都市の緑化、都市景観、宅地開発等に関する各種制度の見直しと充実が急務となっているところであります。加えて、市民主体のまちづくりを推進する観点から、市民参加に関する制度的な充実を図ることも必要となっております。
 こうしたことから、本市のまちづくりの基本である第5次秋田市総合都市計画で目指す「にぎわいとうるおいのある快適環境都市あきた」の達成を制度面で支えるため、関係条例を総合的に整備し、新たなまちづくりの制度体系を構築しようとするものであります。具体的には、現行の公園都市秋田市をつくる条例を発展的に解消し、基本条例である秋田市都市環境の創造および保全に関する基本条例を定めるとともに、まちづくりの各制度ごとに、秋田市都市景観条例、秋田市屋外広告物条例、秋田市都市緑化の推進に関する条例及び秋田市宅地開発に関する条例の4つの個別条例を整備するものであり、今議会に条例設定案等を提出したところであります。
 それぞれの条例案の内容については後ほど説明いたしますが、この制度体系の整備に合わせ、各制度に関する重要事項等を総合的に調査、審議するための都市環境の創造および保全に関する審議会を新設し、市民意向も踏まえながら効率的な運用を図ることとしております。
 また、この審議会に内容を諮りながら、今年度中に都市景観形成や都市緑化の推進に関する基本方針等を定めた上で、平成15年4月1日には各条例を本格的に施行し、市民と行政のパートナーシップに立脚した市民本位のまちづくりの仕組みを構築してまいりたいと考えております。
◇次に、秋田駅東口に整備を計画している(仮称)拠点センターについてであります。
 本施設は、幅広い世代の人々が集い憩うことのできる新たな交流空間として、市が民間事業者と共同で整備するもので、基幹交通体系の進展と呼応した中心市街地活性化と、市民生活の利便性や福祉サービスのさらなる向上を目指すためのものであります。
 最近の状況を報告いたしますと、本年2月には、施設全体の維持管理等を目的とした新会社、秋田新都心ビル株式会社が民間事業者の出資により設立され、事業の推進体制が整ったところであります。
 その後3月に、この秋田新都心ビル株式会社と公共部分の実施設計に関する契約を締結し、建設に向けた準備を進めてまいりましたが、このたび施設建設概要が固まったことから、公共部分の施設整備費を今議会提出の補正予算案に計上したところであります。
 今後は、この補正予算に基づき、民間事業者と事業に関する基本協定を締結するとともに、9月定例会には、公共部分の整備に関する契約締結に係る単行案を提出する予定であります。また、事業推進に当たって、公共部分の施設内容の詳細や管理運営体制を初め、運営への市民参画の方策、利用条件の設定などについて、男女共生の視点等も加え、市民にとって、より使いやすい有益な施設となるよう、さらにソフト面の具体的精査を加えつつ、平成16年度の完成を目指してまいります。
◇さて、産業活性化と雇用対策への取り組み状況についてでありますが、昨今の経済情勢について、国は、景気はほぼ底入れしたとの見解を示しているものの、依然として企業倒産が多発するとともに、失業率は高水準で推移しております。こうした現状を踏まえ、引き続き産業活性化と雇用創出に向け、関連施策の推進に全庁を挙げて取り組んでいるところであります。
 今年度は、緊急雇用創出事業として、16事業で139名の雇用創出を予定しておりますが、現時点まで10事業に着手し、96名の雇用に至っております。
 また、経済対策事業では、本市における新事業創出の核となる施策として、旧秋田市ガス局庁舎を活用し、起業家育成施設「チャレンジオフィスあきた」を設置することとしておりますが、平成15年2月の開設に向け、同旧庁舎の大規模改修工事に間もなく着手の見込みであります。
 この施設では、今後ますます進展が予想されるIT社会を見据えて、高速大容量通信回線を備え、24時間使用可能な近代的事務スペースを低料金で提供するとともに、経営相談や販路開拓など新事業創出に向けたさまざまな支援を行うこととしております。
 今後、既存企業に対する支援はもとより、本市経済の発展に必要不可欠である将来性豊かな起業家の育成・支援に向け、この施設を中心とした新たな新事業創出施策に取り組んでまいりたいと考えております。
◇次に、今年度策定を進めている(仮称)健康秋田市21計画についてであります。
 この計画は、国の健康日本21計画の地方版として策定するものであり、計画期間は平成15年度から22年度までの8年間としております。内容としては、日常の生活習慣を改善して病気を予防する一次予防に重点を置くもので、近年増加する生活習慣病の原因となる食生活や身体活動、喫煙、飲酒などについて、市民が自主的に取り組む改善活動を総合的に支援するための具体的指針として策定するものであります。
 計画策定に当たっては、9,000人の市民を対象とした健康意識調査を実施するほか、26名の公募市民を委員に加えた策定委員会及び協議会を設置し、計画の原案作成段階からの市民参画を図るなど、幅広く市民の意向を反映してまいりたいと考えております。
 加えて、公衆衛生学の専門家や保健医療関係者等の意見を参考としながら、本市における健康に関する課題の原因解明や改善手法、今後の改善目標値などを入念に検討するなど、本市の健康づくりマスタープランとして、戦略的かつ実効的な計画にしてまいりたいと考えております。
◇次に、市立秋田総合病院における24時間救急医療の状況についてであります。
 市立秋田総合病院では、秋田赤十字病院や秋田組合総合病院が相次いで郊外に移転したことに伴い、手薄となった市内中心部の救急医療体制を強化するため、段階的に24時間救急医療体制の充実に努めてきたところであります。
 まず、平成12年度には、救急室の拡充や医療機器等の整備に加え、看護師など人的な受け入れ体制の充実を図っております。また、13年4月からは、交通事故の重症患者受け入れなど、高度医療充実のため、新たに集中治療室、いわゆるICU、脳神経外科及び心臓血管外科を開設いたしました。さらに、同年7月からは、第1・第3・第5の閉院土曜日の午前中に小児科医が病院に待機し、需要の多い小児救急医療に対応できる体制を整えております。
 このように、救急医療体制を充実させた結果、12年度の休日・夜間の救急患者は、前年度に比較し7.5%増の1万935人、13年度では前年度比11.5%増の1万2,194人と、着実に増加いたしました。
 こうしたことなどから、これまでの一連の取り組みは、市民の命と健康を守る救急医療の充実に大きな効果があったものと認識しているところであります。また、消防本部が構想する救急メディカルコントロール体制の充実も見据えて、今後とも、より適切に地域の医療需要にこたえられるよう、良質で安全な医療サービスの提供に向け、鋭意努力してまいります。
◇さて、今議会には、条例案7件、単行案15件、補正予算案3件を提出しております。
 まず、条例案について説明申し上げます。
 秋田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する件は、地方自治法の一部改正に伴い、規定を整備するため改正しようとするものであります。
 チャレンジオフィスあきた条例を設定する件は、「チャレンジオフィスあきた」の設置について定めるため、設定しようとするものであります。
 秋田市都市環境の創造および保全に関する基本条例を設定する件は、都市環境の創造及び保全についての基本理念等を定め、「にぎわいとうるおいのある快適環境都市あきた」を実現するため設定しようとするものであります。
 秋田市都市景観条例を設定する件は、すぐれた都市景観の創造及び保全について必要な事項を定めるため設定しようとするものであります。
 秋田市都市緑化の推進に関する条例を設定する件は、都市緑化の推進について必要な事項を定めるため設定しようとするものであります。
 秋田市宅地開発に関する条例を設定する件は、都市計画法に基づく開発行為に関し必要な事項を定めるため設定しようとするものであります。
 秋田市屋外広告物条例の一部を改正する件は、電車または自動車に表示される屋外広告物にかかわる規制を緩和するとともに、秋田市都市環境の創造および保全に関する基本条例の設定等に伴い規定を整備するため改正しようとするものであります。
◇次に、単行案の主なものについてでありますが、専決処分について承認を求める件は、秋田市市税条例の一部を改正する専決処分など4件であります。
 住居表示の実施区域および当該区域における住居表示の方法を定める件は、寺内八橋地区において住居表示の実施区域と方法を定めようとするものであります。
 市道路線を廃止する件は、都市計画道路の築造等に伴い、機能が喪失した路線を廃止しようとするものであります。
 市道路線を認定する件は、宅地造成に伴い新設された道路等を市道路線に認定しようとするものであります。
 工事請負契約を締結する件は、秋田市旧ガス局庁舎大規模改修電気設備工事請負契約を締結する件など6件であります。
◇次に、補正予算について申し上げます。
 今回の補正予算は、国・県の補助内定に伴う事業及び急を要する事業を中心に編成し、補正額は、一般会計で15億2,522万2,000円、特別会計で7,077万円であり、補正総額は15億9,599万2,000円となっております。
 この結果、補正後の予算額は、一般会計1,069億6,122万2,000円、特別会計662億5,074万2,000円であり、企業会計を含めた総額は2,178億6,158万8,000円となるものであります。
 主な内容でありますが、市民生活部門では、(仮称)拠点センターの整備事業に伴い、現在の臨時秋田駅東自転車駐車場が使用できなくなることから、近隣に仮設の自転車駐車場を整備するための経費を計上いたしております。また、(仮称)旭北地区コミュニティセンターを大町地区に建設するため、適地選定に係る調査経費を計上いたしております。
 福祉保健部門では、身体障害者や要援護高齢者の在宅サービスの充実を図るため、(仮称)拠点センター内に身体障害者デイサービスセンター及び老人デイサービスセンターを創設する社会福祉法人に対する施設整備費補助金を計上いたしております。
 商工部門では、本年4月にサンライフ秋田が雇用能力・開発機構の修繕対象施設とされたことから、老朽化したボイラー及び受変電設備等の大規模改修工事を実施するため、合築比率に応じた秋田市の負担分経費を計上いたしております。
 農林部門では、大豆の団地化及び品質向上を図るため、大豆コンバインや乾燥機等の生産用機械の導入に対する補助金を増額補正したほか、森林施業計画の円滑な実施を図るため、現況調査や管理道整備等に対する森林整備地域活動支援交付金を計上いたしております。
 建設部門では、国の補助内示に伴い、市道川尻広面線の電線共同溝整備事業と歩道消融雪施設整備事業、幹線道路飯島金足線の整備事業及び秋田信用金庫土崎支店前の交差点改良事業に要する経費を増額補正いたしております。
 都市開発部門では、国の補助内示に伴い、街路事業について、土崎駅前線における道路詳細設計・土質調査等に要する経費を計上したほか、太平山リゾート公園整備事業について、グラウンドゴルフ場の整備に要する経費を増額補正いたしております。また、秋田駅東第三地区土地区画整理事業について、移転補償費等を増額補正いたしております。さらに、さきに申し上げた(仮称)拠点センター整備事業について、施設整備費として、今年度から16年度まで3年間の継続費を設定するとともに、今年度分の整備に要する経費を計上いたしております。
 教育部門では、全小中学校において、児童生徒の主体的体験活動を支援する、ふるさと子どもドリームアップ事業の実施経費を計上いたしております。
 消防部門では、(仮称)秋田市救急医療協議会の設立、運営等により、消防機関と救急医療機関とのさらなる連携強化を図り、救急業務に対し医師からの迅速かつ適切な指示、指導、助言が受けられる体制づくりや、救急活動の事後検証体制の確立、救急救命士の再教育など、適正なメディカルコントロール体制の構築を図るための経費を計上いたしております。
 以上、概略説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、適切な決定を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、このたび本市職員が酒気帯び運転により交通事故を起こしましたが、現在、詳細を調査中であり、判明次第厳正に処分いたします。
 また、今後、全庁的な公務員倫理研修等を通じて、職員の公務員としての自覚を促すとともに、一層の綱紀粛正を図ってまいることを御報告申し上げます。
      ――――――――――――――――――――
◎議案の審議
 日程第28 (議)第4号 秋田市議会会議規則の一部を改正する件及び

 日程第29 (議)第5号 秋田市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する件

○議長(高橋智徳) 次に、日程第28(議)第4号秋田市議会会議規則の一部を改正する件及び日程第29(議)第5号秋田市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する件の両案を一括議題といたします。
 お諮りいたします。以上の両案は議員全員の発議でありますので、直ちに採決することとし、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(高橋智徳) 御異議なしと認めます。したがって、以上の両案は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は終了いたしました。
      ――――――――――――――――――――
◎休会の件
 休 会 の 件

○議長(高橋智徳) お諮りいたします。
 明13日から18日までは議案調査等のため休会といたしたいと思いますが、このことに御異議ございませんか。
    【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(高橋智徳) 御異議なしと認めます。したがって、明13日から18日までは休会とすることに決定いたしました。
 19日は定刻午前10時から本会議を開会いたします。
      ――――――――――――――――――――
◎散会
 散    会

○議長(高橋智徳) 本日はこれで散会いたします。

              午前10時32分 散 会



ページトップへ